人気ブログランキング |


- のら羊の子育て日記 -
<   2012年 08月 ( 33 )   > この月の画像一覧
第1114話 ユニクロで買った服
朝からファームに行って、
a0093802_18193784.jpg

お昼ごろまでペンキ塗り。
a0093802_1820197.jpg

その後病院に診察に行き、受診が終わった時には末娘の下校時間が迫っていたのであわてて車に飛び乗り、下校時間直前に何とか学校にたどり着き一安心した。
今日、末娘の学校はマフティーデー
2ドル(ゴールドコインと呼んでいるが、金貨ではない)を寄付すると、私服登校ができる日だったのだ。
そのお金はアフリカの子供たちにために使われると説明があった。
末娘の着ている服は昨年の2月に日本に行ったときに、ユニクロのバーゲンワゴンの中にあった500円で売られていたワンピース。
a0093802_18474935.jpg

買って帰った当時は、大きすぎるので散々文句を言われたが、今になればちょうどいい大きさだし、末娘のお気に入りの服になっているので『買ってよかったな』と思っている。
半面、高価だったドレスなどは特別のときにしか着ちゃだめと嫁さんに言われ、着ないまま時間が経ってしまい、小さくて着る事ができなくなったのもある。
汚してもいいから、どんどん着てプリンセスごっこでもしてくれればいいと思うのだが、そうもいかないのかなぁ。

ここ2週間ばかり腹部から胸部にかけての痛みがひどいので受診を申し込んだのだが、受診の結果、再度造影剤を入れてCTを撮り、治療を開始する事になった。
胆管癌の状態が相当進行しているようだ。(CA 19-9の値が11000になっていた)
治療は部位に問題がなければ放射線と抗がん剤の併用を、そうでなければ抗がん剤の再投与を開始する方針だと説明を受けた。
いつまで体力が持つかだね、負けないぞ。

by nora-hitsuji | 2012-08-31 19:15 | Christchurch
第1113話 魚のパイ
小さい頃からよく食べていたロシアの食べ物にピロシキと言うのがある。
家で作るということはなく、デパートで買ってきたパルナス製のピロシキであった。
まてよ、当時はデパートなどと言わずに百貨店と呼んでいた。
大丸百貨店とか、そごう百貨店、阪神百貨店といった具合である。
しかしなぜか高島屋や松坂屋は百貨店をつけずに、単に高島屋とか松坂屋(まっさかや)と呼んでいた気がする。
いつの間に百貨店がデパートに変わってしまったのだろう。
そういえば幼少の頃に和歌山県有田市出身の祖母がテ゛ハ゛ートと言っていたのを思い出したので、結構昔から、少なくとも60年以上前から使われていたのかも。
閑話休題、ピロシキであるが、これはロシア語で小さなパイ(пирожки)と言う意味である。
小さなパイといってもAカップとかそういう意味ではなく、小型のパイと言うことだ。
まぁ、最初から小型のと書けばそれで済む話でもあるが。
で、ピロシキが小さなパイであるのならば、普通サイズのパイの事はというと、ピロッグ(пирог)と言うらしい。
らしいと言うのは、私はロシア語がまったくわからないので、単に嫁さんの話の受け売りであるからだ。
その伝で、大きなパイと言うのはどういうのかと聞いてみたら、頭に大きなという意味のボリショイ(Большой)をつければいいと投げやり的に言われてしまった。

前置きが長くなったが、今日は嫁さんがロシア名物の魚のパイを作ると言い出し、昼過ぎから小麦粉をこねてイーストを入れ、何やらいそいそとパン種をこしらえていた。
中身はスライスした玉ねぎと白身の魚。
今日はピール(Pearlfish)という魚が安かったのでそれを買ってきたらしい。
ピールの日本語の魚名はオニカクレウオというそうだが、よく似た魚はひとくくりでピールと呼んでいるようなので、特に拘らなくてもいいみたいだ。
魚のパイはロシア語でなんと言うのか聞いてみると、リブヌイ・ピロッグ(Рыбный пирог)と言う返事。
ピロシキではなくピロッグなので普通の大きさだなと思っていたが、出来上がりを見ると結構でかい。
a0093802_19203741.jpg

真ん中はすでに切り取られて、小皿に取り分けられているが、これが普通サイズのパイだとか。
取り分けられたパイはこんな感じである。
a0093802_19221326.jpg

表面はカリカリとしていて、塩味が効いており、ビールとの相性がいい。
嫁さんの意見では、ウオッカとの相性のほうがもっといいらしい。
このパイ、ロシアでは貧しい労働者の食べ物なのだとか。
貧しくても、貧しくなくても、美味しい事に変わりはない。
もし、もう少しお金持ちになっても作ってくれるように頼んでおこう。
by nora-hitsuji | 2012-08-30 20:18 | Christchurch
第1112話 リカトンモールのフードコートで
久しぶりにリカトンモール(Westfield Riccarton)に行った。
a0093802_1946852.jpg

去年の2月の大地震の時は、このモールの中にあるスーパーマーケットのパッキンセーブ(この写真の一番奥に見える黄色い看板のところ)で買い物中だったので、棚から商品が降るように落ちてきて怖い思いをしたため足が遠のいていた。
目的の買い物を済ませ、お昼をここで食べて帰ろうということになり、フードコートに行った。
私はKFC(ケンタッキー・フライド・チキン)に行ってクオーター・パックスという箱に入ったセットにコールスロー・サラダを追加で注文。
見本ではこんな写真が使われているのだが、

a0093802_194733.png

実際はこんなに貧弱。
a0093802_19462023.jpg

フライドチキンの大きさが3倍ほど違うし、食感にジューシーさは微塵もない。
詐欺じゃん。
お金を返せとはいわないが、もう二度とKFCには行かないぞ。

嫁さんはマフィンブレイクに行って、
a0093802_19462887.jpg

マフィンかスコーンでも買うのかなと思っていたら、
a0093802_19463898.jpg

チーズケーキとフラットホワイト・コーヒーを買ってきた。
なぜがチーズケーキの量が多すぎて食べきれないと言うのでおこぼれにありつき、口直しができた。

夕食は我が家で再びチキン料理。
チキンドラムと野菜たっぷりスープで、末娘が野菜を切ったりかき混ぜたりと、いろいろ手伝ってくれた。
a0093802_1946539.jpg

我が家のスープは好評で、大成功。
さて、明日の夕食は何にしようかな?
by nora-hitsuji | 2012-08-29 20:36 | Christchurch
第1111話 ポテトチップス
今日も朝からペンキ塗り。
嫁さんとロージーを連れてファームへ。
末娘の下校時間が近付いてきたので、嫁さんにペンキ塗りを任せて私は学校へ。
a0093802_2121416.jpg

教室から出てきた末娘を車に乗せてファームに向かって走り出す。
途中でお腹が空いたと言うのでポテトチップスを買い与えると、ファームに着いても袋をつかんで離さない。
a0093802_21211251.jpg

アルパカのパドックに来ると、好奇心の強い連中がなんやなんやと言うように集まってきて、
a0093802_2121213.jpg

a0093802_21213512.jpg

ずっと末娘に付きまとって離れようとしない。
a0093802_21214590.jpg

ところが、末娘がポテトチップスを与えようとすると、食べない。
a0093802_21215678.jpg

しかも触ろうとすると、逃げてしまう。
どうやらいつもと違う服装で来ているので、それが気になって付きまとっていたようだ。
行動パターンが読めないことが多く、どうも彼らは何を考えているのかわからなくなることがある。
by nora-hitsuji | 2012-08-28 21:35 | Christchurch
第1110話 かい~の
今日もファームでペンキ塗りと壁削り。
a0093802_1833358.jpg

昨日に引き続き暖かい。
風は強いが、20度近くあるんじゃないかと思われる陽気。
パドックではアルパカのカルロスが、
a0093802_1837740.jpg

ロッキーが、
a0093802_18371435.jpg

そしてバレンチノも、
a0093802_18372137.jpg

かい~の


寒い季節から急に暖かくなると、温度調節がうまくいかずにいらいらするようだ。
ことさら痒いわけではない場合もあり、ストレスの発散の一手段のようだ。
去勢から日がたつにつれて勢力争いやけんかをしなくなった。
おかま君たちは平和主義者のようだ。
by nora-hitsuji | 2012-08-27 18:48 | ファーム
第1109話 サンタクロース聖歌隊
嫁さんの所属するロシア正教会のコーラスグループの年に一度のコンサートがあった。
教会の名前であるセント・ニコラウス・ロシア正教会にちなんでSt. Nicholas ChoirとかSt. Nicholas Singersとか呼ばれているが、しいて日本語に意訳すればサンタクロース聖歌隊となる。
かといって赤色に白の縁取りのスーツと赤いスリーピングキャップをかぶって歌うわけではない。
全員ペンギンのように白と黒のコントラストのあるスーツとワイシャツやブラウスで聖歌を合唱するのである。
a0093802_1959299.jpg

会場は見晴らしのよい、カシミヤヒルにあるセント・オーガスティン(St. Augustine)英国国教会
a0093802_19531350.jpg

非常に見晴らしのいいところに建っている。
a0093802_19532094.jpg

これが今日のプログラム。
a0093802_19563994.jpg

そして、こちらが歌詞。
a0093802_1957895.jpg

私は嫁さんと末娘を送り届けてから拝聴せずに帰宅したので、コーラスは聴いていないが、末娘は最初から最後までしっかり席に座って聞いていたとのこと。
親の目から見ても7歳にしては感心な娘である。
そこで末娘にママのコーラスはどうだったと聞いたら、『退屈だったのでお絵かきをしていた』と言って描いた絵を見せてくれた。
a0093802_202420.jpg

合唱をしている蝶々たちだそうだ。
観察眼も相当なものである。
by nora-hitsuji | 2012-08-26 20:10 | Christchurch
第1108話 削って、塗って
土曜日、嫁さんはロシア語学校の先生や明日のロシア正教会クワイヤーのコンサートのリハーサルなどがあって忙しい。
末娘もロシア語学校の前にはアート教室が、後にはダンス教室があり、やはり忙しい。
暇なのは私とロージーとネコ2匹だが、ネコは家から出て行くのはまっぴらなようなので、仕方がないのでロージーをつれて雪をいただいた山を見つつ、ファームに行った。
a0093802_21101657.jpg

スリープアウトのドアを開けて発電機を設置し、
a0093802_20465552.jpg

こんな格好をして、
a0093802_20464798.jpg

パテ埋めした壁の石膏ボードの目地部分をサンドペーパーで平らにならす作業をした後、
a0093802_2047579.jpg

天井の廻り縁の材料に、
a0093802_20472425.jpg

天井と同じ色を塗ったりしていたら、
a0093802_2047332.jpg

ダンスのレッスンに行っている末娘を迎えに行く時間が近付いていたのであわてて道具を片付け、ダンス教室に行った。
少し遅れてしまったかなと思いつつ教室をのぞくと、まだ練習していたので少しほっとし、終わるのを待った。
a0093802_21471.jpg

明日は午後3時から嫁さんのコンサートがある。
出席すべきかどうかで悩んでいるが、車を止めるところもなさそうだし、退屈そうなのでできれば行きたくないなぁ。

あす午後3時より嫁さんの所属しているロシア正教会クワイヤーのコンサートがAnglican Church St Augustine's (5 Cracroft Terrace, Cashmere, Christchurch)にて開催の予定。
ロシアの教会音楽などに興味のある方はぜひどうぞ。

by nora-hitsuji | 2012-08-25 21:20 | Christchurch
第1107話 打ち合わせ
今日はファームに行き、見積もりを依頼している大工さんたちと打ち合わせ。
a0093802_2140159.jpg

打ち合わせが終わると、嫁さんはスリープアウトのペンキ塗りを始めたので、末娘と私はアルパカの世話にパドックに行った。
末娘が干草小屋から干草を取り出し始めると、アルパカたちが集まってくる。
a0093802_21402567.jpg

a0093802_21403249.jpg

a0093802_21403969.jpg

いつも真っ先に干草を食べ始めるのはカルロスで、続いてエルビン。
a0093802_21404824.jpg

バレンチノとロッキーはその後。

アルパカの世話が終わると、そりを車で引いて牧草の上をすべる。
a0093802_2141065.jpg

末娘はこれが大好きで、なかなかそりから降りようとはしない。
手伝いに来たのか、仕事の邪魔をしに來たのかわからなくなってしまう。
日が暮れ、お腹が空いてくると作業終了。
a0093802_2141770.jpg

明日はロシア語学校がある日なので嫁さんたちは来ず、私一人でペンキ塗りの予定。
嫁さんは早く家を建てて引越しをしたいのだが、震災復興に伴って大工さんたちのスケジュールになかなか空きがないので、いつになることやら。
by nora-hitsuji | 2012-08-24 22:00 | Christchurch
第1106話 ひなたぼっこ
うちのネコ、夜行性動物のくせに夜は爆睡。
a0093802_1429697.jpg

朝になり、日が昇ると、
a0093802_14404152.jpg

パトカーは塀の上へ。
a0093802_14292491.jpg

シンシアは嫁さんの書斎のドアを開けろと私の所にやってきて、
a0093802_1429338.jpg

扉を開けてやると、自分だけの特等席に行って、また眠る。
a0093802_14294148.jpg

ねずみを捕るわけでもなく、寝て、食べて、ひなたぼっこをしてまた眠る。






退屈しないのかなぁ?
by nora-hitsuji | 2012-08-23 14:39 | Christchurch
第1105話 骨付きハム
夕食のおかずは何にしようかと考えながらスーパーマーケットに行ったら、骨付きハムが見切り処分価格になっていた。
a0093802_17572398.jpg

2kgちょっとで7ドル31セント(500円弱)。
早速買って帰って切り分けた。
a0093802_17573078.jpg

切り分け終わったところに嫁さんが帰宅し、早速つまみ食い。
骨はスープにしようと思っていたのだがロージーが恨めしそうに見ていたので、サプリメントとして与えた。

ハムは1センチくらいの厚切りにし、フライパンで炒めて少し両面に焦げ目がついたところで蜂蜜と醤油と酒を混ぜたたれをかけ、ほぼ水分が飛んでこげ始める手前で火を止める。
これとマッシュポテトとグリーンサラダが夕食となった。
美味しそうに仕上がったが、完成品の写真を撮り忘れたのに気づいたのは食後のお茶を飲んでいるときだった。
ボケ老人になりつつあるのを自覚してしまった、やばい。
by nora-hitsuji | 2012-08-22 18:23 | Christchurch